Allegro

Local802(NYにあるミュージシャンの組合)が発行する
ALEEGROという新聞に掲載していただきました。

生前レナードはこの新聞が大好きで
よく見せてくれました。

allegro

画像はLocal802のウェブサイトからの記事になります。

Allegro
Volume CIX No. 4
April, 2009


‘I’ll Be Seeing You’
Reminiscences


by Todd Bryant Weeks

Leonard Gaskin, 88, the jazz bassist, died on Jan. 24. He had been a Local 802 member since 1943. In lieu of a formal obituary, here is a story about a final tribute to Mr. Gaskin. The events take place a year ago, in March 2008.

Sometimes a homecoming can be bittersweet. On a windy day last spring, the Japanese vocalist known as Seina returned to New York to serenade her mentor and idol, the great jazz bassist Leonard Gaskin.

Gaskin, a longtime Brooklynite and highly revered performer ― he has recorded with everyone from Charlie Parker and Miles Davis to James Brown, Bob Dylan and Aretha Franklin ― had been a resident in a nursing home called Ozanam Hall for the last several years. He originally moved into Ozanam ― located in Bayside, Queens ― after a concerted effort by his family to get him the full-time care he needed.

Then, Gaskin’s wife died.

When Seina heard that the great musician was bereaved, she hopped on a plane with no real plan except one: to speed to her mentor’s side.

In the late 1990’s, the singer, who specializes in World War II era ballads, recorded a CD with Mr. Gaskin and drummer Grady Tate.

Gaskin and Tate strongly encouraged her at the time, and she had always wanted to do something for them in return.

Now she found she had the chance.

Seina brainstormed on the plane. She had little money and few local contacts.

She came to Local 802 and contacted the Jazz Department. Bob Cranshaw liked the idea.

“I had always loved Leonard’s playing,” Cranshaw told Allegro. “And I have always felt that it’s extremely important to give back. I mean, the man is one of the greatest on his instrument. He brought so much joy to so many people. Can’t we do for him, too?”

Cranshaw immediately called Bertha Hope, a talented pianist and organist who has been a fixture on the New York and Boston scenes since the early 1960’s, and who has recorded under her own name and worked with Dizzy Gillespie, Frank Foster, Nat Adderley and Philly Joe Jones, among others.

Hope leads her own group, called Jazzberry Jam! She readily agreed to the gig.

It looked as if Seina would get her wish.

Ozanam Hall is blessed with a large, well-appointed performance space that includes a beautiful mural of Brooklyn landmarks. (The facility was originally in Brooklyn.)

On the day of the concert, Gaskin appeared, resplendent in blue blazer and ascot tie.

The room soon filled with residents and staff.

There was no rehearsal, but Seina brought her own charts.

Cranshaw, Hope and drummer Jerome Jennings ― a new member of Local 802 ― were all up to the task.

The band opened with “Take the A Train,” and Seina sang the standards “I’ll Walk Alone, “Sentimental Journey,” “We’ll Be Together Again,” and the rarely-performed “I Left My Heart at the Stage Door Canteen,” a favorite of Gaskin’s.

Mr. Gaskin and the rest of the audience responded warmly, and at one point the petite singer turned to the crowd and said, “The reason I am here is because of Leonard. Leonard is my angel. He is my heart.”

It was an unabashed display of love and respect for a great man, and the audience was visibly moved.

The band chimed in with the uptempo standard “Cute,” and Seina concluded the proceedings with her rendition of “I’ll Be Seeing You,” to hearty and vociferous applause.

Two days later Seina was back at the airport, readying herself for her flight back to Tokyo.

“The 802 musicians helped me live my dream,” said the singer from her mobile phone. “I sang for Leonard…and he was happy. Now I can go home.”

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1月24日、88歳のジャズベーシストレナードガスキンがお亡くなりました。
彼は1943年からのローカル802メンバーです。

形式的な死亡記事のかわりに、
レナードガスキン氏の最後のトリビュートコンサートとなった
こちらのストーリーをお伝えします。

イベントは一年前の2008年3月に行われました。

ホームに戻ってくる事は時としてほろ苦いものです。

去年のある風の日、
Seinaでという日本人のヴォーカリストが
彼女のメンターでありアイドルの偉大なベーシストであるレナードガスキンに
音楽を贈る為にNYに戻ってきました。

ガスキンはBrooklyniteでありとても尊敬されているパフォーマーであり、
チャーリー・パーカー、マイルス・デイビスから
ジェームスブラウン、ボブディラン、アレサフランクリンに至るまで
全てのミュージシャンとレコーディングを行っています。

彼は、家族の介護協力の後フルタイムの介護が必要になり、
クイーンズのベイサイドにあるオザナム・ホール という
介護付き老人ホームで幾年かの余生を過ごしました。

そして、ガスキン氏の妻がお亡くなりになりました。

Seinaは偉大なミュージシャンが大切な人を亡くされた事を知り、
たいして計画も立てずに飛行機に飛び乗りました。
すぐにでもメンターのサイドにという思いだけでした。

第2次世界大戦時代のバラードと得意とするその歌手は
1990年代終わりにガスキン氏とグレイディテイトとCDを録音しました。

ガスキン氏とテイト氏はその時彼女を強く勇気づけました。
彼らにご恩のお返しをしたいと、長い間思い続けていました。

そのチャンスが来ました。

Seinaはとっさに飛行機に飛び乗りました。。
少しのお金とほんの少しの友人の連絡先を持って。

彼女はローカル802のジャズ部にやってきました。
ボブ・クランショウは彼女のアイデアを気に入りました。

「僕はいつもレナードのプレイが大好きだったんだ」
クランショウ氏はAllegroに言いました。
「恩返しはとても大切な事だと僕はいつも感じているんだ。
彼は本当に偉大なベーシストの一人なんだ。
彼はとても沢山の人に本当に沢山の喜びをもたらしたんだよ。
彼の為に一緒にやろうじゃないか」

クランショウ氏はすぐにバーサ・ホープに電話をした。
バーサは1960年代からニューヨークとボストンで活躍している
才能あるピアニストであり、オルガニストで
リーダーアルバムも出しており、
ディジーガレスピー、フランクフォスター、
ナットアダレイ、フィリーフィージョーンズなどと演奏をしてきました。
今もJazzberry Jam! というグループのリーダーとして活動をしています。

Seinaの望みが叶おうとしています。

オザナム・ホールは
素晴らしい、設備も整ったパファーマンススペースがあり、
美しいブルックリンの壁画がありました。
(この施設は元々はブルックリンにありました)

コンサートの日、華やかなブルーのブレザーとアスコットタイを身につけた
ガスキン氏が現れました。

すぐに会場はレジデンツとスタッフで埋められました。

リハーサルはなく、Seinaは彼女の楽譜を持ってきていました。

クランショウ、ホープ、ドラマーのジェローム・ジェニングス(ローカル802のニューメンバー)は準備万端です。

Take the A trainでバンドの演奏が始まり、
Seinaが歌うスタンダードナンバー
“I’LL WALK ALONE”
“SENTIMENTAL JOURNEY”
“WE’LL BE TOGETHER AGAIN”
そして殆ど演奏される事もなくなった
“I LEFT MY HEART AT STAGE DOOR CANTEEN”、
これはガスキン氏のお気に入りの曲でした

ガスキン氏と聴衆はとても温かく応ました。
そしてこの小柄な歌手は聴衆に向かって言いました。
「私がここに居る理由は、レナードが居るからです。
レナードは私の天使です。
彼は私のハートです」

Great manに対する臆面もない愛と感謝の表現でした。
そして聴衆は明らかに心を動かされました。

バンドはアップテンポのナンバー”CUTE”を演奏し、
Seinaはショーの最後を”I’LL BE SEEING YOU” につなぎ、
温かい喝采に包まれた。

2日後、Seinaはエアポートへ行き、東京へと帰って行った。

後日その歌手から電話がありました。
「802のミュージシャン達が私の夢を叶えてくれた」
「私はレナードの為に歌えた・・・彼はハッピーだった。私は帰るわ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この新聞は、ミュージシャンに向けた新聞で
記事に出てくるミュージシャンは
ジャズでは名の知れた方ばかりなので説明がなかったり
ちょっとニュアンス的に解り難い部分もあるかもしれません。